水鐘の都
戻る
【ログ】【ヘルプ】

【履歴からPC選択】
発言色
【ボタンで選択】
【コードで指定】

キャラNo
表示行 秘話
名前
外見
ログ無入室

水鐘の都」からブルネットのメイドが離界。 (04/04-14:55:52)
ブルネットのメイド>【実に酒に合う逸品に舌鼓を打つメイドさん。ある程度美味しく頂いたなら、酒場を後にするのであった。】 (04/04-14:55:49)
ブルネットのメイド>【お昼時が過ぎて、客入りも落ち着いた店内。メイドさん以外の客はまばらで。店員さんが提供してくれたのは海老の香味揚げ。香草と香味油でさっと揚げた鮮度を活かした一品。ぷりぷりの海老の身美味しい逸品をメイドさんは美味しそうに頬張る。】 (04/04-14:46:52)
ブルネットのメイド>【月に一度、その預け金を補充するためにメイド達が店を巡り、お金を預けていく。】「良ければ、何か飲んで行ってよ。今朝は良い海老が入荷したんだ。」【そんな店員の言葉に、メイドさんは嬉しそうに微笑んで、カウンター席へと座る。一先ず酒を注文して。】 (04/04-14:08:56)
ブルネットのメイド>【郊外の館に住む者は、この店以外にもいくつかのお店で飲食する際、会計を必要としない。何故なら先にある程度のお金を店に預けて、そこから引いて貰っているからである。大食漢かつ大酒飲みの彼らを相手とすると、代金の持ち運びが一々面倒という事で、このやり方を認めてくれた店舗のみ、先払いをしているのである。】 (04/04-14:06:27)
【PBC Affinity】