自由領域4
戻る
【ログ】【ヘルプ】

自由領域です。領域の内容を設定して入室して下さい。
【履歴からPC選択】
発言色
【ボタンで選択】
【コードで指定】

キャラNo
表示行 秘話
名前
外見

【領域選択】
領域名(20文字以内)
領域詳細(1000文字以内)


ログ無入室

山小屋」からヴァネスが離界。 (04/05-15:43:25)
ヴァネス>……ん。 【 よいしょ、と煮立ったスープを暖炉から降ろし、鍋の湯をスキットルへと流し入れ。 】 動けそうなら、花見もイイな…。 【 きっと綺麗だ、なんて空想しては薄く笑い。ほろほろと崩れる肉をスープの中でバラしながら、ひとまずは空腹の回復を。 】 (04/05-15:43:15)
ヴァネス>梅雨になりゃァ、茸も生えて来るんだろうけどさ。 【 まだまだ先なのが惜しいところ。───と、そこまで考えて思考が逸れた。 】【 自分の海賊船で使う、火薬の調達先を考えなければならないのだ。とはいえ、海軍が保管している火薬庫を直接襲うのはリスクが高い。火薬庫の警備が厳重になったという話を聞かない辺り、どこかに流出して行っている予感がする。国内の闇市に流れているなら、その闇市を狙えるが、 】 …どっかで戦争してたりしてな。 【 どうだろなァ、なんて石焼きをつつきつつ一人ごちる。 】【 死の商人の商品は、有事になると高く売れる。国が外貨を稼ぐ手段は二種類───直接税をかけるか、輸出で稼ぐか。 国内に国外の労働者や、国外のブローカーが入って来ている場合は、国籍の有無関係なく、非合法な者や脱税者からも問答無用で取り立てられる直接税が有効だが。そうでなければ、内需か輸出で稼がなければならない。 】 諸外国に流れてるんなら、流れかけの奴を浚いてェな。 【 勿論、証拠隠滅のために船は海に還っていただく予定にて。 】 (04/05-15:40:41)
ヴァネス>この時期にしちゃ肥えてたな、コイツ。 【 言いつつ、岩の塊にナイフを叩きつければ塊が割れ、中に入っていた肉が覗く。両手に乗るほどの大きさの肉は、早朝に寝込みを襲って獲った雌鳥だ。 】【 小屋に来る途中で羽引きも血抜きも全て済ませて、卵白を混ぜ込んだ粗塩でがっちりと固め包んでおいたそれは、部屋が温まるまで暖炉で塩釜焼きにされていた。今は塩と熱で余分な脂が流れ落ち、代わりに濃い旨味を思わせる香ばしさを漂わせている。 】 後は、っと。 【 岩塩を脱がせた肉は、ブーケガルニを入れた水に放り込んで、煮立たせてスープにするとして。 塩の衣を作る時に余った黄身と、野の芋を砕いたものと、春の野草をひとまとめにしたものは、暖炉上の平板でほろ苦い芋の石焼きにしてしまおう。 】 (04/05-15:26:34)
ヴァネス>【 適度に体が温まった所で上着を脱ぎ、片手と口を用いて左半身の包帯を外す。こういう時ばかりは、飲む為の酒も生存の為の消毒薬だ。包帯を外し、宛がっていた布を放り捨てては酒に浸した新しい布を押し当てて、 】 冷てッ! 【 ぴゃっ、と驚いた猫のように全身を戦慄かせて、しばしその姿勢で停止。 少ししてから、吐息と共に緊張をといて、再び包帯を巻きなおして。 】 ……。 【 空になったピューターに恨めし気な視線を注いだ後、暖炉の上に小さな鍋を置いた。片方は水。もう片方は、春先に生える香草を適当に寄り合わせたブーケガルニ。水は後でピューターに注いで湯たんぽとし、香草を放り込んだ方は遅い昼食にする予定。 】 そろそろ焼けたかな…っと。 【 再び暖炉の前に座して、火かき棒を薪に突っ込んで中身を探る。そうして、赤熱した塩の塊を探り当てると、それを棒で手繰り寄せて暖炉前の煉瓦に転がした。 】  (04/05-15:14:55)
【PBC Affinity】