自由領域3
戻る
【ログ】【ヘルプ】

自由領域です。領域の内容を設定して入室して下さい。
【履歴からPC選択】
発言色
【ボタンで選択】
【コードで指定】

キャラNo
表示行 秘話
名前
外見

【領域選択】
領域名(20文字以内)
領域詳細(1000文字以内)


ログ無入室

」からが離界。 (07/12-00:27:33)
>・・・【うん、大分慌しいな。ごろりと横になっている間に、向かう貴方は居なくなってしまった。これまでにおいてその姿を直視させぬ夢の主よ。これよりきっと楽しき物語を紡ぐ君よ。どうか健やかであれ。いずれその物語を読ませて貰えれば、猫は満足なのだ。そう思う猫はいつの間にやら二足歩行の男へと姿を変え、歩みゆく。】また、その時に。 (07/12-00:27:19)
」から木こりが離界。 (07/12-00:20:32)
木こり>【 なるほど、と言われてしまった。もしかしたら猫は猫なりに博識で自分以上の知識を持っているのかもーー…と、少しばかり焦げ茶色の目を輝かせて期待した矢先。 】 ろくがつのめがみ?ぎょうじ?? 【 きょとん顔。 】 ・・・・すげえこの猫!じゅーんぶらいどの意味知ってたのか!賢いヤツの多い夢だ! 【 意味を把握して、テンションの上がりまくる木こり。釘も何度かかたむいているのは、頷いていることのあらわれだろうか。 】 ありがとよ!おかげで意味が分かったし、あんたの話じゃこっから出られそうだ! 【 コブシを強く握りしめて、行くあても無いのに走り出す。馬鹿なりの直感というやつらしい。思い立ったが吉日といわんばかりに。 】 「旅人さん、意味が分かって良かったです。どうかお元気で」 おう!釘も猫も元気でな!じゃあ!! 【 迷いなく、直感のままに木こりは走りつづけた。 】 (07/12-00:20:28)
>【猫はその煌めく瞳をそのままに貴方を見上げる。】ふむ、成程。【特に無いと答える貴方に猫は別段表情を変えずに答える。いや、もしかしたら猫の表情を読めないだけかもしれないが。】ジューンブライド?ふむ、6月を守護するという女神に因んだ行事かな?【6月の花嫁の意味を問いつつ、猫はごろりと横になって再び毛繕い開始。】 (07/11-23:49:19)
【PBC Affinity】