自由領域
戻る
【ログ】【ヘルプ】

自由領域です。領域の内容を設定して入室して下さい。
【履歴からPC選択】
発言色
【ボタンで選択】
【コードで指定】

キャラNo
表示行 秘話
名前
外見

【領域選択】
領域名(20文字以内)
領域詳細(1000文字以内)


ログ無入室

訓練所」から傭兵が離界。 (10/21-01:03:01)
訓練所」からヴィオレットが離界。 (10/21-01:02:01)
ヴィオレット>(訥々と語りながらの到着後。「その薔薇、ちょっと寄越しやがれください」等と言ったやもしれぬ、という後日談──。) (10/21-00:53:10)
傭兵>(やはりトリガーもなく唐突に表れるようになったのも黒薔薇が原因なのだろうか。あの時の嫌な予感は当たってたんだなぁと相手の言葉を聞きながら考え)…いや、その、それは全くもってその通りなんだけどさ…(直球で素直な感想にはその通りですと項垂れ。捨てたいのだけど、でも女の子からですし。捨てないでねと釘刺されましたし! 自我を失う恐怖を、女性の呼びかけで繋ぎ止めつつ。普段より覚束ない足取りで帰るだろう。またこうならないことを祈りながら) (10/21-00:50:14)
ヴィオレット>(くく、と喉を鳴らしたのち。) 御せぬ瞬間は如何様なものだったか、共通点が有りそうなら、それを避けりゃよいンでしょうけど。 (とはいえ、彼がその調子になる状況を女はよく知らぬ。彼自身が違和を覚えて居たとて、共通項が無いなら程なくお手上げだ。) 黒い薔薇? (そうして至った帰路にて、洒落てもいるが不吉とも取れるそれに、片眉を挙げた顔を見せては、あらましを聞いて程なく「何で手放さないんですかそれ」等と、率直な感想を漏らしたのだとか。 焦点に曖昧さが生じれば、都度に呼びかけを試みて。 ──その後にどんな話が交わされたかは、帰路を知る者のみの間の事と。) (10/21-00:35:55)
【PBC Affinity】