自由領域
戻る
【ログ】【ヘルプ】

自由領域です。領域の内容を設定して入室して下さい。
【履歴からPC選択】
発言色
【ボタンで選択】
【コードで指定】

キャラNo
表示行 秘話
名前
外見

【領域選択】
領域名(20文字以内)
領域詳細(1000文字以内)


ログ無入室

港町の酒場」からアルベマールが離界。 (01/18-23:15:20)
アルベマール>世は並べて事もなし、か【店内のあちこちから酔客と女の子の笑い声が聞こえてくる。酒は楽しく飲むのが酒を造ることに携わった全ての人への礼儀である、と本人は思っている。】しっかし、最近、海軍の連中湿気てるなー【バーテンに思わず言ってしまう。その言葉にバーテンは肩をすくめて「今回赴任した司令が随分とうるさい様で、かわいそうに基地に缶詰めで訓練に明け暮れているそうですよ」と同情したような表情で答えてくれた。】そやろねー、あの観艦式の取り乱しは酷かったもんなー【思い返して、お粗末な操船や指揮官の慌てぶりを思い返して小さく笑う。しかし、あんな連中だったからこそ、仕事がしやすかったのであるが】どこと戦争する気かなんかねー【呆れた口調で呟く。】お、トリさんやねー【湯気を上げている鶏のから揚げが目の前に置かれて嬉しそうな声を上げる。】小腹がすいててねー、ネコやから猫舌やからもうちょい冷めてからやねー【熱そうなから揚げをうっとり見つめる。今夜は、このまま騒ぎもなく終わりそうである。そうあってもらいたいと心から思っていた。】 (01/18-23:15:18)
アルベマール>【しかし、最近海軍内で綱紀粛正がなされているのか、目当てとする連中はあまり見かけない。逆によく目にするのは、腕っぷしをたよりに生活している冒険者と呼ばれる荒事屋や、傭兵崩れ、本来なら金周りが不自由な連中が何故か他の店と比較してお世辞にも安いと言えないのにである。】誰ぞが、でかい祭りでもしようとしてるんかなー【来店する客に笑顔を見せながらポツリと呟く。】痛い思いはしたないなー【殴られれば痛いし、ましてや斬られたりしたら痛いうえに血がでる。殴っても拳が痛いし、いらぬ恨みをお手軽価格で買ってしまうはめになる。】・・・【かるくため息ついて店内を見回す。】 (01/18-22:53:27)
アルベマール>【夜も更けてきてちょいと小腹がすいてきたが、勤務中の少量のアルコールと乾きものは基本無料だが、何か食いたいとなると金がかかってくる。店も従業員からせしめることは目的としていないようで、そこは従業員価格と言うことで2割程度割引された金額になっている。】肉の揚げ物ひとつ、お願いするわ。金はここに・・・【このスーツにはポケットなどついてないので、小銭は胸にしまっている。】・・・割と便利なんやけど・・・、複雑やわ・・・【小銭をカウンターに置きながら微妙な表情を浮かべる。】・・・割り切るんや・・・、いつまでもグジグジしてても始まらんし・・・【本来の目的はここに来る海軍の士官から、なんだかんだと資料を収集すること、つまり、ヒューミントである。】 (01/18-22:46:37)
アルベマール>【手配書の似顔絵がいつの間にか類人猿の親戚みたいなものに進化していることと、いつもならぼさぼさのまままとめることもしていない髪をポニーテールにしていることで、常の雰囲気とは少しばかり違って見えることにバニースーツがさらにその効果を高めていた。】・・・【しかし、この姿はあまり知り合いには見せたくないのが本音である。このスーツを着込んだ時、何か大切なものを失った気分であった。】ん、表情が冴えてないって、ちょっと気合入れすぎたかなー【警備担当の黒服に表情が硬いことを指摘され苦笑する。彼はきっとこの仕事に緊張して表情が硬くなっている、と考えてのことだろうが、原因はもっと深い所にあるのであった。その気になれば、この黒服を沈めることは難しくないが、今はそんなことは求められていないし、これ以上、賞金額の上乗せをする気も毛頭ない。】立て込んできたら、お客さんの相手もするから【黒服ににこやかに言い放ち】アブナイことになったらすぐに声かけてやー【店内を行き来する、ちゃんとウサ耳とウサ尻尾をつけた女の子に明るく声をかける。声をかけられた女の子も「不埒な奴は大概だまらせるから」と勇ましい台詞と笑顔を返してくれた。】 (01/18-22:30:12)
【PBC Affinity】