深淵の古城
戻る
【ログ】【ヘルプ】

【履歴からPC選択】
発言色
【ボタンで選択】
【コードで指定】

キャラNo
表示行 秘話
名前
外見
ログ無入室

深淵の古城」から『鳩血』が離界。 (11/24-22:57:51)
『鳩血』>【絵画に本当の眼が有ったなら、その指で触れた動作が顔面を痛めたやも知れぬけれど──この人外《ヒトデナシ》にそんな思慮は無いし、目玉が有ったとして遠慮なく潰す事を厭わぬ指先は、ガリとその油絵具の眼球を引っ掻いて行く。】 さァさ、アタシを出迎えなよ。 宴の時間だ、食事の一つぐらい用意してくれるんでしょうねェ? アハハハ──── 【響かせるのは、甲高い音色の高笑い。周囲にひしめく何ぞの気配へ声をかけ、その後に唄うは賛美を強要する響き。 眼に宿る魅了の力にて主の命を強いり、後は己が出迎えを、誰ぞの妨害が入る迄───…、】 (11/24-22:57:49)
『鳩血』>【尚、城の主人では断じて無い。住んでも居なければ此処で生まれても居ない。ただ己の支配している場所と勝手に定めているだけで。】 ……あン? 【視線を覚え、顔を向ければ其処に在るのは見慣れた顔で。】 あー、この絵あったのココだったかァ。 【羽を広げてはためかせ、足を床に着ける事なく、通路に並ぶ絵の一つの前へ降り立った。自分の顔を見る、自身の顔の赤の眼へと、指で触れて、満足気な笑み。】 今日も美人よねェ。 コレよく出来てるよねぇ、本当さァ。  (11/24-22:20:06)
『鳩血』>【ばァん、叩きつけるように開いた窓より。】 はァーい、たッだいまーァご主人様のお帰りだよーォ! 【黒い陰影、人らしき姿の背に蝙蝠翼の輪郭広げて、少女の姿をしたモノが一つ、現れん。】
情景>†『鳩血』の肖像画†が見ている…。 (11/24-22:02:05)
【PBC Affinity】