深淵の古城
戻る
【ログ】【ヘルプ】

【履歴からPC選択】
発言色
【ボタンで選択】
【コードで指定】

キャラNo
表示行 秘話
名前
外見
ログ無入室

深淵の古城」からテオドラが離界。 (01/11-02:41:21)
テオドラ>またそれもいいか、、、、【女はふふと微笑み、胸元の子供に軽くキスをすると、マントを巻きつけ直した。そういえば、この城には御大層なマントを羽織った不気味な女がいると噂がたったとかどうとか聞いたことがあった。、、、それもそれでいいか、、。ここにいること自体、そしてこうやってこの空間で穏やかに過ごすこと自体、、、、不気味、、、、なのかもしれない。人間という立場にしてみれば、、、。そんなことを思いながら、女はスルスルと衣擦れを響かせながら闇に溶けていった。】 (01/11-02:41:16)
テオドラ>いけないいけない、、、【この頃、存在を自らゆらめてしまう癖をつけてしまった】 (01/11-02:35:29)
深淵の古城」にテオドラが来訪。 (01/11-02:33:20)
テオドラ>ご機嫌よろしくて?【腐乱した死体は、その女の意外な対応と凍るような微笑みに怯んでしまった。そして、きびすを返して暗闇に戻っていった。襲っては行けないもの。そう認識して戻っていったのか、、、、】、、、、絡みにくいということかしらね。、、、、【などと自虐的な独り言、、、胸元の子供もその真意が掴めず不思議そうに自分を抱く女を見上げていた。】 (01/11-02:29:07)
【PBC Affinity】