深淵の古城
戻る
【ログ】【ヘルプ】

【履歴からPC選択】
発言色
【ボタンで選択】
【コードで指定】

キャラNo
表示行 秘話
名前
外見
ログ無入室

「深淵の古城」からイングリット(携)が離界。 (07/21-00:23:46)
イングリット(携)>金にもならねえキツい戦闘は御免だな(背中から感じる痛い視線から離れ、イングリットは呟いた。)それよりもあのタヌキめ、ああいうのがいるならあらかじめ教えとけよ……ほーんと、後回しにしておいてよかったぜ(実際戦って、勝てないかといえば勝つ自信はある。だが、戦うかどうかはまた別の話だ。あくまでも仕事で来てるのに別にやる必要もない契約外の仕事で怪我をする気はサラサラないのだ。……だが、しかし)……ガキを巻き込むつったのは、なあ。イヤになるな……(最後に巻き込む気満々だったのを思い出し、とても憂鬱な気分になりつつもイングリットは古城から去っていった――) (07/21-00:23:39)
深淵の古城」からテオドラが離界。 (07/21-00:16:38)
テオドラ>【ウィンクなどして、足早に立ち去る相手を、憤怒の表情で見送る棺の主、、「姫様。。。」胸元の子が心配そうに見上げる。それを見た女、その子にキスをすると、マントを巻き付けなおし、きつく抱きしめる。】さあ今日はどうしましょうか、【棺からぽんと飛び出ると、窓際にあるいすに座って、暗い外を見つめた】 (07/21-00:15:33)
イングリット(携)>怖い怖い……(ふう、とため息をついた。血が騒いでいたのならケンカを売っていたが、今はそういう気分でもないからリスク回避の方を選んだようだ。頭上を通り抜ける赤い閃光を見るに、不気味に笑うあの女と影なきこの城でやり合うのは流石に分が悪い。)大丈夫大丈夫、そういうことはしないよーにするからね。じゃ、アタシ帰るねー、おやすみー(あくまでも軽薄に、そして相手の出方を見るようにしながらもゆっくりと扉を開き退室していくことだろう。……去り際にウィンクまで残していくぞ) (07/21-00:02:53)
【PBC Affinity】