カジノ
戻る
【ログ】【ヘルプ】

【履歴からPC選択】
発言色
【ボタンで選択】
【コードで指定】

キャラNo
表示行 秘話
名前
外見
ログ無入室

カジノ」から紅白の異邦人が離界。 (05/05-01:03:08)
紅白の異邦人>(酒を呑み干すとディーラーと勝ち額の清算へと移り、はした金を受け取ってから椅子から降りようか。男の足先が向かうのは、未だ賑わいを見せる高レートの卓が密集した区画。 歩き出す前、異邦人の次の行先を予測したディーラーが男へ声を掛け。)  ん?  ああ、俺の "勝負" はこれからなんでな。 (次いで、"運気が悪くなったのでは" との言葉。)  確かに運気が悪くなった。 ——"盤上"、ではな。 (言葉の意味を解せず首を傾げたディーラーを横目に歩き出す。 今迄のゲームはほんの戯れ、異邦人の——盗人の "勝負" は富豪層が集う場所に在る。 運が良い事に、今宵は賭博師だけでなく、温室育ちであろう貴族の姿もちらほらと見受けられた。 ——両手の掌を柔軟に解しつつ、標的≪カモ≫を選定する男は人混みの中に消えて行って。) (05/05-01:02:52)
紅白の異邦人>(カードに描かれた黒色を琥珀の右眼が捉えると、口元を緩慢に吊り上げたが、その表情は何処か苦味を帯びていて。)  さっきまで続いていた勝ちの反動が、今来ているらしいな。  (接客スマイルを浮かべるがままのディーラーが肯定する。そうして "大丈夫ですか" との声も。 半分まで嵩が減ったグラスに口を付けて、鼻で笑う。)  勝ち数の方が多いし、"ダランベール" まで使ってんだ。 (ダランベール ——勝てば賭け金を1減らし、負ければ賭け金を1増やすという賭け方の手法。 勝率五分のゲームに於いてこれを用いれば賭けで大損することはない。されど、利益は出たとすれ少額だ。 ただこの男のように、遊戯盤に座る目的が『稼ぎ』ではなく、『ゲームで長時間戯れたい』というのであれば、適している投資方であって。)  ——まあ、ちょいと盤上の運気が悪くなった。此処で切り上げるが吉だな。  (頬杖を解き、己側に置かれた、スペードとクラブ、2枚のカードを指で撫ぜつつそう告げると同時、グラスの中の氷が "からん" と音を奏でた。) (05/05-00:43:00)
紅白の異邦人>(——また何処かで、大金が動いたらしい。遠くの卓から甲高い歓声が上がった。グラスを再度置けば遊戯盤の上に頬杖なぞ付いて、一枚のトランプカードを天井の照明に翳す。 古手の盗人、或いは堅実な盗人であれば窃盗にせよ、強奪にせよ、確実に成功することを前提にして動く。成功せねば、牢行き。最悪首が飛ぶ。 盗人で生きるならば、成功はほぼ100%でなければならない——故に、この場で行われる賭博のような運任せ、不確実な勝負は忌避する傾向が強い。 この男もそれに類するもので、本来ならば賭博場に足を踏み入れても賭けに乗じる事は無いのだ。)  ・・・。  (特に、このRed&Blackは最悪だ。イカサマも駆け引きも、トリックも無い。五分の勝率を天運に委ねるという、不確実性の塊。)  もうワンゲーム。 ・・・掛け額は1増やす。  (それにも関わらず、男が興じる理由は、此処に訪れる熟練の賭博師と何ら変わらない。)  赤。  (不確実性 ——泥棒が忌避すべきそれに身を委ねるという、"背徳感" に今宵は酔いたいがためだ。) (05/05-00:10:53)
(引き札:) (05/04-23:59:44)
【PBC Affinity】