双璧の闘技場
戻る
【ログ】【ヘルプ】

【履歴からPC選択】
発言色
【ボタンで選択】
【コードで指定】

キャラNo
表示行 秘話
名前
外見
ログ無入室

双璧の闘技場」からヴァネスが離界。 (07/21-00:58:26)
ヴァネス>【 掴んだ手と、青年の後頭部の間で不穏な水音が飛び散った。 直後に大きく青年の体が仰け反ったが、それが衝撃によるものなのか、目を潰された事による苦痛のせいなのかは判らず終いで。 】 …じゃァな、死んだら永遠に目ェ覚ますなよ。───生きてたら、 【 手を離し、指から伝う血を当の青年にお返ししつつ、 】 …どうするかはテメェで決めな。 【 こうなった以上、生き残っても賞金稼ぎを続ける事は難しいだろう。 そうなったら、無気力に賞金稼ぎをしていた頃とは別の人生が待っている筈だ。───何をしてても無気力な気質だったら、もう手の打ちようも無いが。 】 …てか、抜き辛ェ所に刺すンじゃねェよ…。 【 抜くのも大変だし、手当はもっと面倒なんだぞ。 】【 なんて、ぶつぶつと物言わぬ青年に文句を垂れながら。武器を拾い、重心の定まらない足取りで、ふらりふらりと闘技場の外へ─── 】 (07/21-00:58:06)
ヴァネス>【 今度こそ、その弾が青年を穿った。そこで初めて苦痛に顔を歪めた青年に、長躯の双眸が険しさを増す。そうして一瞬の沈黙が流れ、弾けたように嗤ったのは長躯の方で、 】 ははッ、死にかけたらそう言うツラも出来るってか! 【 ならアソんでやるよと狂笑を滾らせ、持っていた武器を全て手放す。そうして迷う事なく素手を振りかざし、青年の頭に差し向けて、 】 いっぺん、その脳味噌捨てて来い…ッ! 【 糸に跳び込むのと同時、猛禽の如く片手を開く。首尾よく頭を掴めたら目を潰し、思い切り後頭部から石畳に叩きつけてやる心算で、 】
青年に攻撃!(☆☆☆)
命中!( 青年残 3 → 0 )
(07/21-00:46:19)
ヴァネス>【 追撃を何とかやり過ごし、刃を噛む歯に力を込める。 】【 惰性で生きて、惰性で狩る。それを思わせる青年が腹立たしい。 だがそれ以上に、そんな青年に自由に生きている筈の自分が、そして自分の同胞が手玉に取られる状況が腹立たしい─── 】  …死ねよ、 【 どうせ生きちゃあいないんだ。そんなツラぶら下げて生きるぐれェなら、さっさと死んで土に還れ。 】【 失血に震える指先を関節に力を込める事で抑え込み、再び照準を合わせて発砲の音を響かせて、 】 (07/21-00:32:51)
【PBC Affinity】