双璧の闘技場
戻る
【ログ】【ヘルプ】

【履歴からPC選択】
発言色
【ボタンで選択】
【コードで指定】

キャラNo
表示行 秘話
名前
外見
ログ無入室

双璧の闘技場」からヴァネスが離界。 (12/07-01:16:24)
ヴァネス>【 一撃と同時、生々しい水音が足元で跳ねた。刹那の衝撃で痙攣した彼女の体が完全に動かなくなったのを見届けて、ぐいとその襟首を掴んで持ち上げる。 】 …そっくりだな。 【 名に恥じん真似具合だと上機嫌に口端を釣り上げて、彼女の死体を荷物のように担いで歩き出す。 】【 そうして、居候している屋敷への帰り際、水鐘の都の外れに寄って、出迎えてくれた者にドッペルの死体を託すのだろう。 猫旦那が扱う素材なんで、くれぐれも腐らせないように気をつけてくれと言い添えて。 】 …やっぱ寒ィな。 【 雨に濡れても、血に濡れても。 夜は冷えるなァなんて声を紡ぎ零す夜更け時。 】 (12/07-01:16:18)
双璧の闘技場」からが離界。 (12/07-01:09:05)
女>(身体の構築だけがいかに正確とて、知識なくば扱いきる事は叶わず。 オリジナルが決して強くない肉体を補強する魔の存在も、持ち合わせてはおらず。 わずかに動かせたところで、攻撃の軌跡から逃れる事は叶わなかった。) 嫌、── (人真似の魔物が生きるにはそれしか方法が無い。 人の理に乗ってしまったがゆえに獲物となったモノは、そうして容易く踵に砕かれ、やはり人と違わぬ赤い体液をぶちまけて、──) (12/07-01:08:51)
女>(手の仕草を警戒しているだけで済めば、此度の不意打ちを喰らう事は無かったのだろう。相手が訝しみを出さなかった事から、口調もこれで合っているようだと、安心したのが災いして。) ──! (がき、と切っ先を踏みつけられれば、刃を握る手も自然と、僅かながら動作を制限される。 生きるためのすべしか知らず、ほんの少しの斬り合いしか知らない。経験が圧倒的に足りない。重量で速度を上げた嘘のような脚撃が、降りて来るのが見えた視界の片隅。 逃れられねば骨ごと潰れる事は想像に難く無く、砕けた部位から続く居た身で鈍る身体を転がさんとして、) (12/07-01:01:43)
【PBC Affinity】