双璧の闘技場
戻る
【ログ】【ヘルプ】

【履歴からPC選択】
発言色
【ボタンで選択】
【コードで指定】

キャラNo
表示行 秘話
名前
外見
ログ無入室

双璧の闘技場」から冷泉桔梗が離界。 (08/01-22:31:49)
冷泉桔梗>イヤァア!【流れるような、舞のような剣戟が最後に、鬼女渾身の力を持って唐竹から振るわれた刃がピタリと止まり。鞘内へとするりと納められて初めて終わりを悟った観客たちは、気づいたところから拍手を始めて、終いには万雷の喝采にて鬼の演武を称えた。鬼女の方もその称賛に満足して、額の汗を拭いつつ、声援に応えるように手を振るい、袖へと引くのであった。ちょっとした気まぐれだったのに、思いの外注目を得てしまったものだ。】 (08/01-22:31:33)
冷泉桔梗>【刀身二尺と六寸。乱れ刃の刀は冷たく輝き、その切れ味を誇る。鬼女が流れるように袈裟斬り、唐竹、逆風、逆胴と振るえば、まるでそこにある空気すら斬っているような印象すら持つほどであった。】 (08/01-21:53:04)
冷泉桔梗>【いつもながら総当たりの種目に参加したものの、またもや周囲を圧倒してただ一人会場に立った鬼女。いつもなら賞金を受け取ってさっさと退散する彼女が、どういうわけか。今宵は興に乗ったのか、突如中央へと歩み寄り、音楽もなく舞い始めたのであった。最初の内は突然の事に面を喰らっていた観客であったが、その流れるような所作に次第に歓声すら忘れて見るのであった。その内に、先程の戦いでは抜かれる事無かった刀を抜き放ち、流れるままに振るい踊る。剣の舞へと変化をしていった。】 (08/01-21:39:22)
冷泉桔梗>【夜の闘技場、普段は季節柄以上に熱気が篭るはずの会場が、今は満員の観客を抱えつつも静かである。闘技場に観戦に来る程度にバトルマニアな彼らの眼を釘付けにし、歓声すら忘れさせているのは、闘技場の中心で文字通り、踊る鬼女である。】 (08/01-21:32:58)
【PBC Affinity】