空中庭園
戻る
【ログ】【ヘルプ】

【履歴からPC選択】
発言色
【ボタンで選択】
【コードで指定】

キャラNo
表示行 秘話
名前
外見
ログ無入室

「空中庭園」からヴァネスが離界。 (03/14-22:23:02)
ヴァネス>まずは試しだな。 【 後で、どこかの宿の部屋を借りて、漆を触った後に毒吸い草に触れてみよう。 ついでに、干しても使えるのかどうかも試してみようと、人に託す前の予定を立てて、 】 頭イイじゃん、俺。 【 殺傷以外の手も思いつくとか流石俺様、と。 自分で自分を褒め称えつつ、上機嫌に庭園の出口へ─── 】 (03/14-22:22:54)
ヴァネス>【 まあ、路を省けば短期間で着けるだろう。 旅人や商人が避ける路でも、長躯にとっては普通の道だ。 体一つでの旅路になるし、食料は現地で調達出来る。 山の恵みに預かっても良いし、道中の山賊を獲物にしても良い。 】 ザイルも買うか。 【 山肌をぐるりと巡る道より、崖を垂直に昇降する方が早いから。とりあえずの保存食とザイルと、武器があれば良いと思考を締めくくり。 】【 さて行くかと箱を抱えて立ち上がり、どこかで膨らんでいるであろう知己の鴉を思っては、投げたらイイ集塵機になるんじゃねェかと酷い事を思ったりもして。 】 贅沢言うなら、 【 ちら、と木箱に視線を向けて、 】 生物毒用が良かったな。 【 荒事で最も命を脅かすのは、病や有機物による毒だから。 それでも、有毒植物の脅威が減るのは有難い事この上ないし、増えたら医療所にちょっと置いて来ようと未来の予定を思い描いて、 】 (03/14-22:14:01)
ヴァネス>これ、煙草吸ったんだよな今。 【 干して巻いたら葉巻味になるかな…と、そんな疑問がふと沸き起こる。 だが、毒吸いというだけあって、おそらくは何の味もしない草だろう。 あるいはとてつもなく不味いかも知れ無い─── 】 後で試すか。 【 好奇心プライスレス。 】 けど、まず増やす方法を考えんとな。 【 植物によってはほどほどに育つと、いきなり枯れたりするものだから。 大増殖を試みる分と、必要最低限の栄養をやって様子を見る分を分けてから、この草の風味を試してみようと心に決めて、 】 で、蜂毒か。 【 意識を木箱から手紙に戻し、その文面を見て唸る。 手紙を読む限り、その蜂毒の威力は申し分ないとの事だが、 】 ………。  【 遠 い の か よ 。 】【 頼んだ分際でケチをつけるのも何だが、距離の部分を読み返して顔をしかめた。 その距離を一気に跳ぶ事も出来るが、界渡りはそれなりにリスクを伴う。 ───遣いをやるか、自分が行くか、 】 …俺が行くのが一番か。 【 遣いが何かで捕まっても嫌だし。 】 (03/14-21:51:52)
ヴァネス>【 そこらの汚泥───微生物毒素による生物毒。 煙草の吸殻───植物毒。蒼く透き通った胆礬結晶───鉱物毒。 それぞれを枝の先につけてちょんと葉先に触れさせて、しばしの変化をじっと見守る。 そうして観察を続ける中で、すぐに容積が減ったのが煙草だった。 】 おお、 【 すげえ、と感心してほどなくして、 】 …ダメ出しされてる気分になるな。 【 それ毒だからな!と。 】【 いや別に、体にイイとは思ってなかったし思ってないけど。こうも顕著に見せつけられると、なんか悲しくなって来ると言うか。 】 まあ、でも、効果は本物か。…こいつ増やして、植物毒と一緒に送れば問題無ェな。 【 そうと判れば大事にしようと、即席で作って来た木箱にいそいそと鉢を戻す。しばらく、この植物が灰皿を兼ねてくれそうだと、余分な用途を思い付きつつも。 】 (03/14-21:13:20)
【PBC Affinity】