空中庭園
戻る
【ログ】【ヘルプ】

【履歴からPC選択】
発言色
【ボタンで選択】
【コードで指定】

キャラNo
表示行 秘話
名前
外見
ログ無入室

「空中庭園」からシャカが離界。 (01/26-00:11:13)
シャカ>【残念ながら、琥珀に対する情報は得られないようだ。だが、それで諦める女ではない。他の場所で、それらしい話を聞けばすぐに出没したとかしないとか。そんな感じに執着するお嬢様であった。】 (01/26-00:11:11)
「空中庭園」から怪盗が離界。 (01/26-00:05:16)
怪盗>【 用意したということは、怪盗のチカラは必要ないということだろうか。首を傾げるも、探し物の邪魔をしてはいけないかと思って。 】 そっか。無事目的を達成できると良いネ、ボクなりに応援するサ。 【 見たところ、日もさきほどよりも傾いてしまっている。ちょっとのつもりが、数時間この庭園にて過ごしてしまったのだろう。それも無理はない、なにせこんなにステキな場所なのだから。 】 じゃあねステキな魔法使いさん、ボクは失礼するよ。 【 軽く手を振って、怪盗少女は花の香りに包まれながらも消えていった――… 】 (01/26-00:05:14)
シャカ>【自身の提示している情報に対して、出来る限りでの協力を申し出てくれている相手。琥珀の収穫は、正直難しい。それほどにこの土壌は拙しい様だ。ただ、思い違いはしないで欲しい。琥珀の精製など、本来は樹木を伴うもの、庭園に生まれる物ではない。】此方にて、用意いたしました。【それは琥珀。それもある程度形となった物。樹木と年月、その他も諸々を工程にまとめた代物。どうやら想定の量を確保した猫耳娘は、その運搬について思考を巡らしているようだ。】 (01/25-23:59:34)
【PBC Affinity】