長文・短文・コピー


サイトの傾向にもよりますが、やたらと長かったり短かったりするロールは嫌わがちです。
周りの環境に合わせてロールしてください。
短文推奨サイトで長文を、長文推奨サイトで短文を使うと、内容に関わらず「空気の読めないヤツ」の烙印が押されます。

【例/反応に困る長文】
A:「(実はふるさとの事を思い出していたがそれを現す性格ではないので黙っていたのだが相手には無愛想に見えるかも知れないが本音ではそんなことは全く思っていない・・・・しかし関わると言う方法を知らないだけなのだから仕方ない・・・・こう言う時に同属なら特殊な気配を感じるものだモチロン俺は天界唯一と褒め称えられた戦闘部族の末裔であり軍隊を率いた事が懐かしい・・・・・あの戦で自分は二度とない屈辱を味わったので誓った復讐は忘れていないそれで目の前にいる青年の言葉を聞いて過去の思いに哀しさを覚えたがそれを表に出す事はプライドが許さないから黙る・・・・酒場は賑やかだが自分は静かで夜も遅い・・・・ここの店以外にやっている場所はもうないだろう・・歴戦の威圧感を出している自分に周りが尊敬の目を向けるが当然のことだ)」
 
読みにくい上に、ほとんどがPC紹介と自問自答です。相手が反応に困ります。

【例/反応に困る短文】
A:「うん(と言う)」
これが続くと、立っているのか座っているのか、笑顔なのか怒り顔なのかすら読み取れません。

【例/コピー】
A:「はい(笑顔で椅子から立ち上がり、後で飲もうと思って買っておいた飲み物を差し出す)」
B:「ありがとう(Aが笑顔で椅子から立ち上がり、後で飲もうと思って買っておいた飲み物を差し出されたので受け取る)」

長文推奨サイトで長さを稼ぐ為に行われる事がありますが、これだと短文と変わりません。

なお、ある程度の描写は無いと困りますが、長文推奨サイト(あるいは、先入りの人が長文希望)で無い限り、無理に長くする必要はありません。


サイトルールに従いましょう。
長短の決まりが無いサイトの場合、描写の長さよりも「状況が伝わるかどうか」の方が大切です。


【一覧へ】

【Top】


【提供元】