清聖の教会
戻る
【ログ】【ヘルプ】

【履歴からPC選択】
発言色
【ボタンで選択】
【コードで指定】

キャラNo
表示行 秘話
名前
外見
ログ無入室

清聖の教会」から傭兵が離界。 (10/14-23:33:16)
傭兵>う゛ぇぇ…(開いた両脚に肘を置き、思わずえずく。ヤバイ、まずい。このままだとマジで吐く。良い女の前でそんなみっともない真似は出来ない。じっとりと脂汗を垂らしながら、ゆらりと立ち上がると外に出るために歩き始めた。とりあえず、外で待っておけば大丈夫だろう。こんな綺麗な場所を汚してしまっては、罰が当たるに違いない) (女性が出てくるまで、暫し休憩。外の空気を吸い少しでもリフレッシュ出来るよう努めよう。報酬は金か、それとも別のモノか――) (10/14-23:33:01)
傭兵>(そんな依頼主の女性は、一番前の長椅子に座り祈りを捧げている。どこもかしこも真っ白な教会に髪と目以外は黒い己がいるのは酷く周りから浮く。幸い、夜というのもあり比較的人も少ないので不審に思われることも多分ないだろう。多分。) (10/14-23:04:26)
傭兵>…あ゛ぁ…キッツ…(魔の血の入った今の身体にとって、此処は地獄に等しい所。貧血や二日酔いにも似た視界がグルグル回るような感覚。胃の中の物を全て吐き出したくなるが、何とか堪えつつ長椅子に凭れ掛かる)…帰りてェ…(心からの言葉。しかし帰れないのは理由がある。というのも、何とも信心深い女性が最近物騒だからと護衛を頼んできたから。女性の頼みならば、Noとは言えないのがこの男の性。だって美人だったし) (10/14-22:40:56)
清聖の教会」に傭兵が来訪。 (10/14-22:29:22)
【PBC Affinity】